北海道住環境システム株式会社

北海道住環境システムは、太陽光発電をはじめとする
快適な住環境作りに貢献いたします。


solar power industrial

全量買取制度スタートでますます注目の産業用太陽光発電システム。


2012年7月から20年間に渡って買い取られる全量買取制度がスタート!

2012年7月1日より「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(再生可能エネルギー固定買取制度概要)に基づき、太陽光で発電した電気を一定期間、同じ価格で電力会社が買い取ることを義務づけた制度、全量買取制度がスタートしました。20年間全量買取制度が適用される太陽光発電設備は10kW以上のシステムであることが条件になります。個人でも法人と同じく一定期間・同価格で電力会社が買い取る事を法律により義務付けています。

「全量買取制度」と「余剰買取制度」の違いとは?

売電の形式のうち、「全量買取」は 太陽光で発電した電力を、作った分だけ全て売電し、「余剰買取」は、発電した電気を自宅で使用し、余った分のみ売電する、という仕組みになっています。発電すればするほど電力を多く売ることができ、固定金額での売電期間が20年と長期間であるため、費用を回収した後も売電収入が長く続きます。

-

【余剰電力の買取制度】

太陽光で発電した電気から、使用した電気を引き、余りが出た時に買い取ってくれます。どれだけ発電しても、消費する電気の量が発電量と同じか、それよりも多ければ余りは出ないので売電はできません。そのため、電気の消費量が企業に比べて少ない家庭では、使う電気を節約すればするほど、たくさん売電出来ることになるので節約努力を促しやすい制度になっています。しかし、昼間に業務を行い電気の消費量の多い企業にとってはあまり売電しやすい制度ではありませんでした。


-

【全量買取制度】

全量買取制度は、発電したすべての電気を売電できますが、消費した電気については、通常通り電力会社から買い取ります。たとえ発電した電気より多くの電気を消費して、余剰電力がなかったとしても 発電したすべての電気を売電できます。


カナディアン・ソーラー
パナソニック
釧路市